2016年度会長 森 直樹 教授(化学生態学分野)

 六成会の皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます.本会は旧農林化学科の流れをくむ同窓会で,現在,農学部応用生命科学科(農学研究科応用生命科学専攻)の11研究室(細胞生化学,生体高分子化学,生物調節化学,化学生態学,植物栄養学,エネルギー変換細胞学,発酵生理及び醸造学,制御発酵学,生体機能化学,生物機能制御化学,応用構造生物学)と生命科学研究科の2研究室(分子細胞育種学,植物分子生物学),応用生命科学専攻の7研究室(分子生体触媒化学,分子微生物科学,森林圏遺伝子統御学,森林代謝機能化学,木質バイオマス変換化学,農学研究科寄付講座「産業微生物学」,学際融合教育研究センター「生理化学研究ユニット」)で構成されています.

 平成28年度は学部1回生として51名(うち留学生2名),修士1回生67名(2015年10月入学者含),博士1回生として10名を迎えました.教員の異動も何件かあり,森林圏遺伝子統御に杉山暁史准教授,発酵生理及び醸造学に安藤晃則助教,制御発酵学に寳関淳特任准教授,生物調節化学に宮下正弘准教授(国際高等教育院),そして化学生態学に私,森が教授として着任致しました.

 六成会の恒例行事である予餞会は平成28年2月16日(火)に百周年時計台記念館国際交流ホールにおいて盛大に開催されました.また,平成27年度も,春季・秋季とソフトボール大会が開催され,春季は30年ぶりに生体機能化学,秋季は制御発酵学が優勝しました.平成28年度の春季は生体高分子化学と発酵生理および醸造学の決勝戦で,生体高分子化学が優勝しました.この他にも平成27年11月14日(土)には,昨年度の六成会会長宮川恒先生・中川好秋先生の発案で六成会の第1回文化際が企画・実施されました.ソフトボール以外の面でも,教員・学生同士の親交がより深まる契機となるだけでなく,様々な才能が六成会に集っていることを再認識できました.六成会のもう一つの恒例行事として,新入生歓迎会を平成28年4月7日(木)の入学式当日のガイダンス終了後に医学部の南部食堂で行いました.ほとんどの新入生が参加してくれました. 今後とも,六成会へのご支援を何卒宜しくお願い申し上げます.

農学部 http://www.kais.kyoto-u.ac.jp/japanese/undergraduate/dep_applife/
応用生命科学科 http://www.applife.kais.kyoto-u.ac.jp/nougaku/
農学研究科 http://www.kais.kyoto-u.ac.jp/japanese/
応用生命科学専攻 http://www.applife.kais.kyoto-u.ac.jp/

(四明会だよりから引用)